山本實彦顕彰委員会について


山本實彦顕彰委員会は、鹿児島県薩摩川内市が輩出した傑人「山本實彦氏」の偉大なる功績を顕彰する目的で発足いたしました。
現在の活動は、川内川市街部河川改修事業に伴い、川内川を見渡せる大小路側右岸に山本實彦を顕彰する銅像を建立し、
改めて山本實彦氏の偉大なる功績や深い郷土愛を讃えたいと願っております。
 
 
 
 
 

山本實彦について


 

山本實彦
山本實彦(1885-1952)

 山本實彦(やまもとさねひこ、常用漢字では「山本実彦」)は、大正8年に改造社を興し、戦前の日本の出版界をリードした人物として知られています。大正デモクラシーの時流に乗った編集内容で多くの読者を獲得した総合雑誌「改造」の創刊、一円という破格の価格で売り出された「現代日本文学全集」の刊行と映画や講演会をつかったその広告戦略など、斬新で大胆なアイディアを実行し、「出版界の革命児」と称されています。
 このように、改造社社長として成功する前には、郷里である鹿児島・川内での経済的に恵まれない幼少期や、新聞記者として活躍した時代がありました。

  • 明治18年

     1月5日 川内新町(現・東大小路町で誕生)

  • 明治33年

     川内中学校を中退しコザ市北谷小学校代用教員を務める

  • 明治41年

     大学で学んだ後、やまと新聞社入社

  • 明治43年

     英国国王ジョージ5世の戴冠式に備え、渡英
     イギリス特派員となる

  • 明治45年

     東京市議会議員選挙に立候補し当選

  • 大正4年

     東京毎日新聞社の社長に就任

  • 大正8年

     「改造」創刊

  • 大正11年

     アインシュタイン招聘来日

  • 大正15年

     円本刊行発表

  • 昭和5年

     第17回総選挙に鹿児島から立候補し当選

  • 昭和6年

     川内川改修工事着手

  • 昭和7年

     「短歌研究」創刊

  • 昭和8年

     バーナード・ショウ来日

  • 昭和9年

     「俳句研究」創刊

  • 昭和19年

     7月「改造」6月号で廃刊

  • 昭和21年

     1月「改造」復刊
     4月 第22回総選挙に立候補し当選

  • 昭和27年

     大小路築堤概成を見届けて 7月1日永眠67歳

寄付金募集要項

山本實彦顕彰碑建立へのご理解ありがとうございます。
寄付募金を行っております。
ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

GaLLERY
ギャラリー


山本實彦さんのふるさと薩摩川内市の風景を、写真家桐原が撮影しています。

山本實彦顕彰委員会パンフレット

こちらより、山本實彦顕彰委員会正式パンフレットをダウンロードすることができます。
ぜひご覧ください。

 

お知らせ


山本實彦顕彰委員会からのお知らせです


「開運なんでも鑑定団」にて、アインシュタインのサインが出品されました!


薩摩川内市で生れた傑人「山本實彦」のホームページです。